よくあるご質問

皆様からいただく、よくあるご質問をまとめました

よくあるご質問 一覧

産業廃棄物って何ですか?

工場などの事業活動に伴って排出される廃棄物のうち法律で定められた20種類の廃棄物のことです。

特別管理産業廃棄物って何ですか?

産業廃棄物のうち、爆発性、毒性、感染性その他の人の健康又は生活環境に係る被害を生ずる恐れがある性状を有するものです。

他の産業廃棄物よりも厳格な基準によって処理されることとなっています。

専ら物って何ですか?

「専ら再生利用の目的となる廃棄物」を略して「専ら物」といい、古紙、くず鉄(古銅等を含む)、あきびん類、古繊維の4種類がこれにあたります。

収集運搬又は処分を行う既存の回収業者は、廃棄物処理法の許可は不要とされています。

どんな廃棄物が取り扱えるのですか?

収集運搬の許可のない品目でも、さまざまな協力会社とのネットワークで対応させていただきます。

甲陽興産の許可品目についてはこちらをご覧ください



廃棄物処理法って何ですか?

正式名称は「廃棄物の処理および清掃に関する法律」、廃掃法とも略称されます。

廃棄物の排出抑制、適正な分別、保管、収集、運搬、再生、処分などを行い、生活環境の保全と公衆衛生の向上を図ることを目的とする法律です。

甲陽興産に廃棄物処理の見積もりをお願いしたいのですが、無料ですか?

はい、無料です。

まずは、お問い合わせ下さい



委託契約書って何ですか?

排出事業者が産業廃棄物の処理を委託する際に締結する契約書のことです。

通常の商取引上の契約書とは違い、産業廃棄物の処理を委託する際に契約書を作成しないと、 「3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金」という、刑事罰の適用対象となってしまいます。

マニフェストって何ですか?

正式名称は「産業廃棄物管理票」といいます。

マニフェストは、「収集運搬」や「中間処理」といった産業廃棄物処理の各プロセスごとに、産業廃棄物を処理した記録を残すための伝票です。
マニフェストの発行義務は、産業廃棄物の排出事業者にあり発行を怠った場合は、刑事罰の適用対象となる場合があります。

排出事業者は、産業廃棄物の引渡しと一緒にマニフェストを交付しなければなりません。

紙マニフェストの報告義務って何ですか?

マニフェストを交付した排出事業者は、前年度におけるマニフェストの交付等の状況に関する報告書を作成し、事業所の所在地を管轄する都道府県知事又は政令市長に提出しなければなりません。

法定期限が切れてもマニフェストが返送されない場合はどうすればよいですか?

委託業者に問い合わせて処分の状況を把握するとともに、報告書を都道府県知事等に提出する必要があります。

廃棄物をどうやって処理すれば良いのかわからないのですが?

廃棄物にはさまざまは品目があり、それに応じた処理を行わねばなりません。
処理方法のわからない廃棄物がありましたら、まずはお問い合わせください。

まずは、お問い合わせ下さい


甲陽興産の営業がお客様の事業所にお伺いし、最適な処理をご提案させていただきます。

建設工事での廃棄物は誰が排出事業者になるのですか?

排出事業者は原則として元請業者が該当するため、元請業者がマニフェストを交付します。
ただし、元請業者と下請業者との請負契約等の内容によっては、下請業者が排出事業者になる場合もあります。

PCB廃棄物の処理はどうするんですか?

「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法(PCB特措法)」に規定されたPCB廃棄物を保管する事業者は、同法により所管の自治体への保管状況等の届け出や一定期間内の処分等が義務付けられています。
現在、全国5ブロックに分けて日本環境安全事業(株)がPCB廃棄物の処理を順次行っています。

まずは、お問い合わせ下さい


甲陽興産では、エコネットワークを活用しPCB収集運搬をご提案させていただきます 。

ご相談ご用命はこちらから

フリーダイヤル:0120-27-5380(受付時間/平日9:00~17:00まで)

メールでのご相談

  • 滋賀県の不用品回収、解体、リフォームならタスカルにお任せください
  • 滋賀レイクスターズ

ページトップへ