週刊循環経済新聞 8月3日号にて、弊社の記事が掲載されました。

近年、世界中の国々、企業がSDGsに繋がるキーワードである「環境」をテーマに様々な取り組みを行っております。
弊社では、以前より毎年6月の環境月間に合わせて、出前環境学習授業を本社周辺の小学校にて行っております。また、弊社が運営する農場である甲陽エコファームでは、環境指標生物であるミツバチの養蜂やブルーベリーの栽培などを行っております。

これらの取り組みは「環境の可視化」をテーマにした環境コンテンツであります。これらの取り組みを継続しつつ、「環境の可視化」をテーマとした様々な環境コンテンツの提案を国内外問わず行ってまいります。

掲載の許可を得ましたのでご報告させていただきます。
『週刊循環経済新聞』(発行:日報ビジネス㈱)