先日、甲賀市立大原小学校で出前環境学習授業を行いました!

弊社では、毎年6月の環境月間に合わせ、地域の小学校を回り、出前環境学習授業を行っており、地域のこどもたちに環境や資源について、ゲームや作業体験を通じて楽しく学んでいただく活動を行っています。

今回は新たな試みとして、環境カードゲームを用いた授業を行いました。これは、今年の2月にJICA主催の中南米日系社会との連携調査団に参加した際、ブラジルの小学校での出前環境学習授業で使用するために開発した環境教育用カードゲームですが、現地で非常に好評をいただきましたので、ぜひ日本の小学校でも実施したいと考え、初めて大原小学校で使用しました。

最初は戸惑いながら参加していた児童も、ゲーム感覚で楽しく環境について学べるとあって、徐々に真剣な眼差しになってゲームにのめり込んでいく姿が印象的でした。

各国によって課題は違いますが、環境問題は世界共通です。
環境を意識した生活が当たり前になるように環境との共存の仕方を教えることが大切だと考え、この活動を行っております。