環境新聞 2518 (2020年06月24日発売)にて弊社の記事が掲載されました。

弊社は、プラズマオゾンによる除菌・脱臭サービスを開始しております。
オゾンとは、酸素原子が3つ付いたもの(O3)であり、不安定な構造をしているため、時間と共に酸素に戻る性質があります。
その際に周囲の細菌や臭気物質と結合し、酸化反応をおこします。
そして、酸化作用によって、細菌を死滅させ、除菌します。
このように薬品不使用でオゾンの特性を利用したサービスとなっております。

臭いやウイルスなどのお悩みがありましたら、お問い合わせください。

掲載の許可を得ましたのでご報告させていただきます。
『環境新聞』(発行:環境新聞社)